FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-05-30 (Fri)
小学校4年生の時だったと思う。


夜中、2時頃母が『火事よ~~! 起きて~~!』

と、叫んだので飛び起きた。


ガラス越しに玄関の前が真赤だった。

玄関を開けると、道路を隔てた前の家が炎を上げていた。

隣の家も焼け始めていた。

消防車が何台も来た。



母は消防士さんに『私の家に水を掛けて下さい』と叫んでいた。

『何で~』と聞くと、

『風向きで火の粉が飛んだ時、類焼を防ぐ為よ』

と教えてくれた。

確かに一理ある。

私は『ふ~~ん』と感心した。

夜が明けると、火元の家は丸焼けになり、お隣は半焼だった。



半焼した家は、私が転校してきて、間違えて1年生を2度受けたあくる日、

2年生になって一番初めにお友達になった人の家だった。

可哀想。これからどうするんだろう?

暫くして改築した家にもどて来られた。

火事は恐ろしいのだ。



彼女とは今も仲良しである。

今は千葉県に住んでいるのでめったに会えない。



去年9月に中学校の同期(同学年)会が岡山で行われた。

運よく彼女と同室になった。

昔話に花が咲いて、遅くまで話し込んでしまった。

昔の友はいいものだ。どんな境遇に居ても友達で居られる。


岡山・鷲羽山から見た瀬戸大橋 2013.9.27
岡山県・鷲羽山から見た瀬戸大橋


岡山後楽園から見た岡山城
岡山後楽園から見た岡山城


お帰りにポチっとお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

* Category : 小学期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-05-07 (Wed)
4年生だったと思う。

友達が自転車で遊びに来たりするので私も自転車が欲しかった。

当時は子供用の自転車は無かった様に思う。

有っても上流階級の子供だけだったのではないだろうか。

母の自転車を借りて練習をしていた。

家を出ると坂道になっている。

練習にはもってこいの場所だ。

何度も何度もハンドルの曲がったのを自分で治す。

大人の自転車なので当然大きすぎて、サドルには座れないのである。

前の車輪と後ろの車輪の間に三角の空間がある。

そこに右足を入れてペダルを踏む。

いわゆる三角乗りである。

道路の脇には坂の下まで用水路があった。

用水路は坂の上は水が少なく、下に行くほど水が多くなっていた。

さあ、これはもういけると思って走り始めた

どういう訳かハンドルが用水路の方ヘ曲がって行く。

やばい!やばい!どうしよう・・・・。

吸い込まれるように用水路へ~~

がっしや~~~ん★★

見事に転落

自分の身長よりはるかに高い壁だった。

自転車は大破したが私は無傷だった。

不幸中の幸い。

どうやら、この用水路に落ちたのは私だけでは無いらしい。

他にも自転車が転がっていた。

その後どうして自転車を引き上げたのかは覚えていないが、

母に叱られた記憶も無い。




お帰りにポチっとお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


* Category : 小学期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-04-30 (Wed)
引っ越してきた年の何月かは覚えていないが、
母に連れられ初めて映画と言う物を観た
島には映画館が無かった。

「シベリア物語と言うロシアで2番目の
映画だった。

わずか8歳の私には退屈で有ったのだろう
寝てしまった。

履いていた下駄を落とした。
「ガタッ」と言う音で目を覚ました。

当時の映画館の床は板張りだった。

周りの人の注目を浴びた。

当時はまだ靴は高級品だったので買ってもらえず、
下駄ばきだった。

母は無類の映画好きだった。
それも日本映画は全く観ない。
洋画のみである。

映画を観に行く日は、学校から帰るとすでに
夕御飯の支度が出来ている。
宿題を済ませるとすぐに自転車で出掛けるのだ。

帰りはお留守番をしてくれている家族に
お土産を買って帰る

冬は焼き芋だ

自転車の後ろでやき芋をお腹に当てて帰るのが
暖かくてとても幸せだった。

母とは度々映画を観に行った。







お帰りにポチっとお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


* Category : 小学期
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

* by -
総天然色! いい響きですねぇ〜♪

個別記事の管理2014-04-29 (Tue)
一度目のお引っ越しは記憶にない。

小学校一年生から2年生になる春休み、
にも載っていないような小さい島から
本島に2度目のお引っ越しをした。

2年生の始業式の日は母と一緒だったので
何も問題は起こらなかった

次の日、母の元に受け持ちの先生から連絡があり
「学校を休んだ理由を聞かれた。
母は、朝ちゃんと学校に行き無事に帰って来た事を告げた。

おかしいと思った母は後で私から話を聞くと、
「昨日の先生とは違う先生」だったと言った。

どうやら私は一年生のクラスで過ごして居たらしい。
小さかったので先生は気付かなかったみたい。

それにしても出席を取った時分からなかったのかな~~~?
のんびりしたものだ。

                                

ここでちょっと茶タイム

有機栽培粉末茶有機黒糖を入れて飲むと美味しい
生クリームを入れてもまろやかで美味しいよ
コーヒーの飲めない人も大丈夫!!






お帰りにポチっとお願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
* Category : 小学期
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

* by -
教科書も違ったでしょうに、本当にのんびりとしてたんですね〜♪ 良き時代って感じで、笑っちゃいましたw