123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-05-16 (Mon)
数か月前から何時もよく行くスーパーに「ココナッツシュガー」が

店頭に出回って来ています。

身体に良さそうと思い気になって仕方がありません。

確か「ココナッツオイル」も体に良かったですよね。

そこで調べてみました。


ココナッツシュガーとは?

ココナッツシュガーとはその名の通り、ココナッツから取れる甘味料です。

厳密に言うと、ココナッツの黄色い花のつぼみから取れる、花蜜を煮詰め乾燥させた糖

となります。

味は黒糖に良く似ていますが、砂糖や黒砂糖などよりも断然体に優しい甘味で、

その理由は低GI食品ということにあります。

また樹液を集めたパームシュガーと間違えやすいですが、別物なので注意しましょう。


ココナッツシュガーにはどんな効果があるのか?

驚くべき低GI値

食品は食べると血糖値が上がります。

食品によっては早く上がったり、緩やかに上がるものがあるのですが、

このココナッツシュガーは、緩やかに血糖値が上がる低GI値の糖となります。

GI値とはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食べ物を食べた後、

2時間後に血液中に入る糖質の量を計った数値になります。

この値が低いほど体の為にはいいというわけです。

一般的な甘味のGI値は、砂糖やグラニュー糖、三温糖辺りで108~110ほど、

黒砂糖で99、蜂蜜88、メイプルシロップ73となっているのに対して、ココナッツシュガーは

35とケタ外れに低GI値ということがわかります。

白砂糖の害はもう一般的には良く知られているように、悪玉菌を増やし、炎症の起きやすい

体になりますし、また依存性がある上に体を冷やす原因となったり、余った糖は確実に

中性脂肪となって体に溜まってしまうのです。

ダイエットに甘いものは禁物ではありますが、ココナッツシュガーを利用すれば、安心して

甘いものも食べることが出来ます。


脂肪を効率よく燃焼するダイエット効果

何といっても最も注目したい効果は、このダイエット効果でしょう。

最初にご説明した通り、ココナッツシュガーは低GI値食品なので、摂取しても血糖値を

急激にあげることもなく、中性脂肪を必要以上にため込まないのです。

このことからも、日常的に摂る甘味を砂糖ではなくココナッツシュガーに変えるだけで、

体内の糖質と脂肪を効率よく燃焼させてくれます。

また、ココナッツシュガーは腹持ちも良く、食欲を抑えてくれる効果が期待できるところも、

ダイエットには最適な甘味と言えます。


便秘解消効果のあるイヌリン

ココナッツオイルにも便秘解消効果があるのと同じように、ココナッツシュガーにも

同様の効果が期待できます。

その理由として、ココナッツシュガーには、水溶性食物繊維のイヌリンが含まれて

いることにあります。

イヌリンは、腸内で善玉菌のエサとなってくれるので、速やかに腸内環境を良くして

便秘を解消してくれるのです。


豊富なビタミンB群で安眠、ストレス解消効果

ココナッツシュガーにはビタミンB群が大量に含まれています。

ビタミンB群は不足すると、睡眠不足になりやすかったり、イライラ、集中力の低下、

何となく憂鬱状態になりやすいのです。これを防いでくれるのが、ココナッツシュガーに

含まれたビタミンB群です。

ビタミンB群の中でも特に、ビタミンB6が入眠障害やストレス解消に効果を発揮して

くれます。


高糖化による老化防止に効果的

ココナッツシュガーが低GI食品で、血糖値を緩やかに上昇させるため、体に余計な

脂肪をため込むこともないとお伝えしました。

このことは、結果として体を糖化させないことに繋がります。

人が最低限必要とする糖質を上回る、膨大な糖質を摂ってしまうとエネルギーとして、

燃焼しきれない糖質が変性して糖化してしまいます。

そうなると、AGEs(Advanced Glycation Endroucts)という、最終糖化産物という物質に

なってしまいます。

この糖化産物は老化を招いてしまう原因となるので、これを防ぐことが老化防止に繋がります。


ココナッツシュガーの効果的な使い方や注意点

ココナッツシュガーの甘さは黒糖に近い味わいであり、調理に使ったりすると濃厚な

キャラメルのような感じになります。

普段の甘味をココナッツシュガーに変えるだけで、美容や健康を促してくれる効果が

期待できます。

普通に砂糖の代わりに使えばいいのですが、

今回はあの、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントの、

エリカ・アンギャルさん考案のグラノーラレシピを、一般的にも手に入りやすい材料で

作る方法をご紹介しましょう。

材料
・ココナッツフレーク 1/2カップ
・オートミール 2カップ
・好みのナッツ(アーモンド、くるみなど食べやすく砕いたもの) 1カップ
・レーズン 1/2カップ
・ココナッツオイル 1/4カップ
・ココナッツシュガー 1/2カップ


作り方
① オートミール、ナッツをボウルに入れ、ココナッツオイルとココナッツシュガーを
  加えます。
② すべての材料が均一に混ざるまでよくかきまぜ、シートを敷いた天板に
  ばらばらと乗せましょう。
③ 150℃に熱したオーブンに天板を入れ、時々かきまぜて固まらないようにして、
  約30分間きつね色になるまで焼きます。
④ 焼きあがったグラノーラをバットに入れて冷まし、粗熱がとれたらレーズンを
  加えてかきまぜ出来上がりです!


牛乳や豆乳、ヨーグルトなどに混ぜて食べると、朝から美パワーがみなぎる

朝食を摂ることが出来ます。


ココナッツシュガーを取り入れる為の注意点

ココナッツシュガーが体にいいと言っても、やはり糖分です、摂りすぎには注意しましょう。

ココナッツシュガーは39%がフルクトースなのですが、フルクトースは

肝臓で吸収・代謝される為に、大量に摂ってしまうと肝臓に負担をかける原因となります。


ココナッツシュガーはミネラル、アミノ酸、ビタミンB群(12種類)が豊富です。

精製された白砂糖にはビタミンB群は含まれていません。

白砂糖をお料理に使っている方や、コーヒー・紅茶に白砂糖を入れている方は、

ぜひ白砂糖からココナッツシュガーに替えてみてはいかがでしょう。



ココナッツオイルが体にいいと言われているのと同じように、ココナッツシュガーにも

注目が集まっています。

特にダイエット中には甘いものを食べることを躊躇してしまいますよね?

そのような時でも、今まで使っていた糖分をココナッツシュガーに変えるだけで、

抵抗なく取り入れることが出来ますので、是非今日からココナッツシュガーを

試してみて欲しいと思います。

Style Knowledge
日常の気になる知りたいをあなたに
驚異の低GI!ココナッツシュガーの美容効果5つと使い方
より引用



なんだか凄く良さそうですね。

早速使ってみようと思います。

美しくな~~~れ!!


ココナッツの花
ココナッツの花(画像お借りしました)


ココナッツの実
ココナッツの実(画像お借りしました)



ココナッツの実 (2)
ココナッツの実(画像お借りしました)



ココナッツの実②
ココナッツの実(画像お借りしました)



ココナッツシュガー
ココナッツシュガー(画像お借りしました)



ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 食品・食材
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。