12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-04-25 (Mon)
香港に無事到着した。

夫に今までの経緯を話し、香港で針・気功・漢方薬等なんでもいいから

何かいい治療法は無いかと尋ねたが、そのような所には行ったことがないので

知らないとそっけなかった。


私の実弟がまだ駐在していたので聞いてみた。

弟が少し前にむち打ちになり治療してもらったところがあるので連れて行ったあげると、

快く引き受けてくれたのだ。

早速予約を入れて貰い出かけた。


治療院に着くまではふらふら状態でゆっくりゆっくり歩いていたのだ。


治療院は大きい部屋にベッドが2つ。

大型のテレビが1つ置いてあり殺風景だった。


どんな治療をするのかちょっと怖かったし、かなり緊張していた。


30歳半ば位と思われる女性の方の誘導でベッドに横になった。


あらかじめ症状を記入していたので、カルテを見て問診をしながら、

両手を体に静かに当ててくれていた。

身体がなんとなく暖かくなり緊張が解けたのか、いつの間にか寝てしまったようだった。


約1時間ほどで終わった。

その後精神を安定させるためにビデオの音楽を聴きながら瞑想に入った。

音楽が終わり目を開けると今までの感覚とは全く違った感じの自分がそこに居たのだ。


何が起こったのだろう!!

確かに私だよね!!

なっでこんなにすっきりしているのだろう!!

あんなにフラフラだった私は何処へ行ったのだろう????

これが「気」というものだったのだ。


帰り道はなんと、弟と同じ歩調で歩くことができたのだ。


私は見つけたのだ。 私に合った治療法を~~~。

良かった。良かった。

もう嬉しくて帰って早速、夫に暫く治療院に通うから回数券を買って欲しいと頼んだのだ。

そして、すぐに3か月分のお薬を全部捨てたのだ。


次からは一人で出かけて行った。

治療を待っている間、一人の女性とお話をすることができた。

帰る方向が同じだったのでおしゃべりを楽しんだ。

次からは同じ時に予約を入れようという事になり、その時から彼女が香港で

唯一のお友達になったのだ。


その後はしょっちゅうショッピングに出かけたり、飲茶をしたり、

お互いのお家を訪問しあったり・・・・。

香港での私の生活は一変したのだ。



ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 病気
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。