123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2016-03-24 (Thu)
横浜ランドマークタワーと阪神・淡路大震災

昨日の続き

母と横浜ランドマークタワーで楽しい一日を過ごし、祖母の法事も終った。

1月13日には父の目の手術が無事に終わった。

なんの障害もなくはっきり見えるという事で、家族全員安堵した。

父が「目のほうは大丈夫だからもう大阪に帰ってもいいよ。」

と言ってくれたし、

母も「2週間近くになるから17日まで居なくてもいいよ。」と言ってくれた。

いつもなら予定通りに帰阪するのだがこの時はどういう訳か

「それなら早めに帰るね!」

と言って15日に大阪に帰ってきたのだ。


それから2日後に未曾有の大惨事が起こった。



【阪神・淡路大震災】

1995年1月17日・午前5時46分、淡路島を震源とする直下型の

「兵庫県南部地震」(M7.2)が発生した。

神戸、洲本で震度6。

阪神間や淡路島を中心に建物の倒壊や火災が相次いだほか、高速道路の崩壊、

高架の落下、道路陥没に加え、鉄道がマヒ状態になるなど都市基盤が

ほぼ壊滅状態になった。

死者6432人、約51万棟の住宅が全半壊・一部損壊した。



もし予定通り17日の帰阪であればどうなっていた事やら・・・。

多分新幹線が動くまでの数日間は足止めされたと思う。

私は2日早く帰阪していたために難を逃れたのだ。


どうして予定を変えたのか、その時の事を思うと不思議でならないのだ。

まあ人生長く生きていれば不思議なことは多々有るものだ。


我が家は震源地から遠く離れてはいたが多少の被害はあったものの

大事には至らなかった。

その時被害に遭われた方々のご冥福をお祈りいたします。


夫の留守中の不安を募らせる大きな出来事だった。



ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : ちょっとした話
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。