12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-12-09 (Wed)
昨日の朝、ABCテレビ 【おはよう朝日です】

<けさのクローズアップ>魔法水であのシミがなかった事に!?

なになに??

忙しい時間帯につい手を止めてテレビを見てしまった。


シミ抜き界のカリスマが開発した魔法水を使って、家では簡単に

落とすことができないシミの落とし方を放映していた。


しょうゆ・ワイン・ソースしみが落せる。


シミを落とすのに用意するものは、

乾いた綺麗なタオル

歯ブラシ

この2つが必要になるので用意してください。

そして、シミを落とすのに絶対に必要なのが魔法水です。


魔法水の作り方

重曹…小さじ擦り切り1

衣類用の液体酸素系漂白剤…小さじ3

食器用中性洗剤…3滴

以上の割合で入れたら、これを混ぜあわせて完成です。

完全に混ぜ合わせなくてもよいそうです。


魔法水づくりが完成したらいよいよシミを落としていきます。

  1. 衣類でシミの付いた部分を上にして乾いた綺麗なタオルに乗せます。
   
    (汚れているので雑巾でも良いのではないかと思いがちだが、

    雑巾の汚れが衣類に着かない様に新しいタオルを使用する。)

  2.魔法水をつけた歯ブラシで上からたたきます。

  3.ある程度色が抜けたらタオルのキレイな面に移動して再びたたく。

    この工程を繰り返していきます。

  4.最後に水で魔法水を洗い流してシミ抜き完了です。

たったこれだけでシミがおちていくのです。



魔法水でシミがよく落ちる理由は、酸素系漂白剤に重曹をプラスし、

漂白効果をパワーアップ。

台所用中性洗剤を入れることで衣類への汚れ戻りを防ぐ。



魔法水を使うときのポイントは歯ブラシで叩くのが鉄則ということです。

デリケートな衣類であっても軽く叩く程度であれば傷にならないそうです。


ワインのシミは化学反応によって変色することがあるがこの方法で

そのまま続けても問題なし。



ミートソースのしみにはプラスαの裏ワザ

ミートソースを落とすにはプラスαのコツがいるのです。

それは魔法水を使う前に、

水:小さじ1

食器用中性洗剤:小さじ1

の割合で混ぜた物を用意します。

そしてコレを歯ブラシに付けて2分ほどたたくと、ミートソースの

表面についている油の膜が溶けるのです。

最初に表面の油を溶かすことがポイントなのです。


続いて魔法水を使って歯ブラシでたたきます。

しばらく歯ブラシでたたき続ければミートソースの汚れまでも

きれいに落ちるのです。



魔法水の注意点

水洗いNGの衣類には使ってはいけません。

色の着いた衣類は最悪色落ちをしてしまします。

魔法水は作りおきをすることはできませんので作ってから3時間経つと

アルカリ性の重曹と酸性の漂白剤が中和して効果がなくなります。

3時間以内に使いきる。

魔法水は泥汚れやインクのシミには効果がありません。

魔法水を使うときは以上のことを知っておいてください。



ボールペンのインクを落とす方法

ボールペンの汚れを落とすときは、市販されている消毒用アルコールの

ジェルタイプを使います。

1. 綺麗なタオルを下に敷いて

2. シミの上からではなくひっくり返してシミを下にして、綺麗なタオルの上に置きます。

3. その上からアルコールジェルをかけて歯ブラシで優しくたたきます。



泥のシミは、乾いた状態でメンズ用スクラブ洗顔料を使用。



口紅を落とす方法

口紅を落とすときは、メイク落としを使います。

ボールペンの時と同様に、綺麗なタオルの上に、口紅がついた面を下にして

メイク落としをかけて歯ブラシで優しくたたくと、口紅がとれるのです。




クリーニングに出すほどでは無いが、シミが気になる・・・。

そんな服で試してみるといいのではないでしょうか。


新年はシミのないきれいな服を着たいですね!!



ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : ちょっとした話
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。