12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-09-10 (Thu)
香港の中でもひときわ発展の目覚ましいエリア。

近代とレトロの新旧が交差する街が香港島の北側にある。

1990年当時で85年の歴史をもつトラム(電車)は、

香港の顔といっても良い。

西側の堅尼地城(ケネディタウン)と東側の筲箕湾(サウゲイワン)とを結ぶ路線と、

中央部の跑馬地(ハッピーバレー)に向かう路線を持つ路面電車である。



香港トラム路線ー1

(画像お借りしました)



1904年に開通以来、香港島北部の主要地区を結ぶ重要な交通機関として、

現在も活躍を続けている。



香港トラム 120号車-1
香港トラム 120号 (画像お借りしました)



1990年当時の運賃は全線一律大人は60セント、子供は20セントなのだ。

現在は2.3ドルだそうだ。

地下鉄よりはるかに安い。



景色を見ながら気に入った場所があれば、次の停留所で降りて、

その近辺を散策し、また来た電車に乗って先に進む。



香港トラム②
(画像お借りしました)



私は香港に来た当時から乗りたかったが、夫と一緒に外出する時は、

何時も地下鉄だった。



ある時、夫に路面電車に乗りたいと言うと、

「おつりは出ないから小銭を沢山持って乗ってくれば・・・・」



ある日地図を持って思い切って乗ってみた。

のんびりと走るので景色が良く見える。

特に2階に乗るとかなり遠い景色も視野に入り、楽しかった。



それからは急がない時は必ずこの電車で行く事にしたのだ。

昼間の時間は空いているので殆んど立つ事はない。

混んで居るようならそれはパスして次のに乗れば良いのだ。



香港トラム-1
(画像お借りしました)


香港の街自体はきらびやかで賑やかだが、この電車から見える景色は

のんびりとして見える。



香港島路面電車(トラム)④-1
(画像お借りしました)


こんな生活は日本では味わう事はできない。


香港を訪れた時は是非体験して頂きたいと思う。




ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 海外生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。