12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-06-16 (Tue)
1984年の年が明けた。

アメリカはクリスマス休暇は有るが日本の様な

新年の祝賀とか年始の挨拶などは全くない。

元旦は港に近いショッピングモールに出掛けた。


2日は息子の友達家族と一緒に

「ジョシュアツリー国立公園」に出掛けた。



ジョシュアツリー国立公園(Joshua Tree National Park)

ジョシュアツリー国立公園(Joshua Tree National Park)は、

ロサンゼルスから最も近い国立公園だ。

ロサンゼルス国際空港(LAX)から車で2時間半でいける距離にある。



例によってフリーウエイをひたすら走る。

やがて風車が見えてくる。



ジョシュアツリー①-1
1984年


ジョシュアツリー凄まじい数の風車が見られます
凄まじい風車が見らkれる(画像お借りしました)



風車の大群を抜けると公園の入り口手前にはビジターセンターが有る。



ジョシュアツリー②-1
1984年 ビジターセンター


ジョシュアツリービジタ-センター
ジョシュアツリービジターセンター



ジョシュアツリー国立公園の風景はまるで別の世界に来た様な

何処にもないユニークな光景を見る事になる。



ジョシュアツリー③-1
1984年 公園内


ジョシュアツリー④-1
1984年 公園内


ジョシュアツリー国立公園 (2)
(画像お借りしました)



高原地帯は平らな盆地状の砂漠で、風変わりな姿のジョシュアツリーを筆頭に、

奇妙な砂漠植物の博物館のようだ。



ジョシュアツリーは、正式名称をユッカ・ブレヴィフォリアと呼び、

本来は木ではなく植物でユリ科に属する。

高さは大きいもので15m近くに達し、推定年齢は約900年にもなる。



この地域にはおよそ5000年以上前から先住民族が生息していたが、

最も古い記録ではピント民族、その後セラノ、チェメウビ、

そしてカウイヤと民族交代していった。

白人達がこの地域に入ってきたのは19世紀の半ば、

牛飼い達がより良い飼葉を求めてこの地に辿り着き、

水場を設けたのが最初。

その後20世紀にかけて起きたゴールドラッシュの折で、

鉱山が作られ、住宅のキャビンや井戸が作られ、植物栽培等が始まった。



ジョシュアツリーの名前の由来は、19世紀半ばに西を目指して

旅を続けたモルモン教徒達が、この地を通った際、猛暑の中で

ゆらゆらと奇妙な形をしたこの巨大な植物が西の方に向かって

手招きをしているジョシュア(聖書に出てくるヨシュア:モーゼの跡を継いだ人物)に

見えたことからこの名前がついたといわれている。



ここでの楽しみ方は園内に無数にあるトレイルを散策し、

簡単な岩山を登ってみることだ。



ジョシュアツリー⑤-1
1984年 


ジョシュアツリー⑦-1
1984年


帽子の様な形のcap Rock
帽子の様な形のcap Rock" borde (画像お借りしました)



hidden-valley[1]
hidden-valley(画像お借りしました)



Arch Rock
Arch Rock(画像お借りしました)




ジョシュアツリー⑧
1984年 ジョシュアツリー




Hidden Valley影絵の様に
Hidden Valley影絵の様に(画像お借りしました)



ジョシュアツリー⑩-1
1984年)サボテン




ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 海外生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。