12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-04-13 (Mon)
息子の日本語学校の同級生のお母さんからお誘いがあった。

「一緒にミュージアムに行きませんか?」


この日も夫はゴルフだったので、有難くお受けしたのだ。


彼女は絵画・彫刻など見るのが趣味で、

色々なミュージアムに行った居られる。



連れていって頂いたのは「J・ポール・ゲティミュージアム」だ。

大きくてとても印象的なミュージアムだった。



子供たちは本格的な世界的に有名な絵画見るには初めてだった。

絵を描くのが好きな娘は目を輝かせて絵画に見入っていた。


カフェテリアでお茶をよばれた。



日本では考えられない優雅な気分になる事が出来た。


ポール・ゲティーミュージアム 1982年11月547
J・ポール・ゲティミュージアム (1982年11月)


ポール・ゲティーミュージアム 1982年11月548




何してるの~~




ポール J・ポール・ゲティ美術館




J・ポール・ゲティミュージアム
(J. Paul Getty Museum)

カリフォルニア州ロサンゼルスのゲティ・センター (en:Getty Center) と、

同じくカリフォルニア州ロサンゼルスのパシフィック・パリセーズ

(en:Pacific Palisades, Los Angeles, California) のゲティ・ヴィラ (en:Getty Villa)

にある2箇所の施設の総称である。

ゲティ財団が運営する美術館である。



1954年に石油王ジャン・ポール・ゲティは自身の

邸宅に隣接した土地に最初のギャラリーを建てた。

間もなく収蔵スペースが足りないことが判明し、

ゲティは邸宅から丘を下った私有地に2番目のギャラリーを建設している。

これが現在のゲティ・ヴィラである。



ヴィラのデザインは、イタリアのエルコラーノにある

古代ローマの遺跡ヴィラ・デイ・パピリ (en:Villa of the Papyri) を模しており、

その他の古代遺跡からの影響も受けている。




ゲティ・センター

もう一方のJ・ポール・ゲティ美術館が収容されている。

ゲティ・センターは1997年10月16日に開館し、

「中世から現代までの西洋絵画」が収蔵され、

約1,300万人の入場客が訪れるアメリカ合衆国でも

有数の美術施設である。


ポール ゲティ・センター航空写真
ゲティ・センター航空写真



フィンセント・ファン・ゴッホの『アイリス』(1889年)。

ポール・『アイリス』(1889年)フィンセント・ファン・ゴッホ

1990年の購入で、1987年には5390万ドルで落札されていた絵画。




ヤコポ・ダ・ポントルモ(1528年 - 1530年)no『鉾槍兵の肖像』。

ポール・『鉾槍兵の肖像』(1523年 - 1530年)ヤコポ・ダ・ポントルモ

1989年に3520万ドルで落札した絵画。



「過去に「オールド・マスター」の絵画についた最高額の3倍で落札」された.



公開されているギャラリーは2階建てのものが5つあru.

常設展示が残りの4館で、年代順に各ギャラリーに配置されており、

もっとも古い時代の美術品は北館、

もっとも新しい時代の美術品は西館となっている



どのギャラリーも1階には装飾写本、工芸品、写真など

光に敏感な性質の美術品が保管されている。



太陽光がコンピュータで制御された2階では、

絵画を自然光のもとで観ることができる。



各ギャラリーの2階はガラス屋根の連絡橋と

オープン・テラスで接続されており、

どちらからでも植物園と中央広場を一望できる。



テラス、バルコニー、ギャラリー屋外には彫刻が点在し、

カフェテリアなども併設されている。



ポール・『散歩道(プロムナード)』(1870年)ルノワール
『散歩道(プロムナード)』(1870年)ルノワール



本物の絵画を見ることが出来て、誘って下さった方の

ご家族に感謝! 感謝!

有り難うございました。



ポール・ゲティーミュージアム 1982年11月549
FRANCOIS BOUCHER(1703-1770) ( 絵葉書)



ロサンゼルスに行かれる機会があれば

是非立ち寄って見られといいと思う。



ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 海外生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。