12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-04-08 (Wed)
10月31日はハロウィン

ハロウィンHalloweenとは

毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある

行事であったが、現代では特にアメリカで民間行事として定着し、

祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。



カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、

子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れて

お菓子をもらったりする風習などがある。


ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が

家族を訪ねてくると信じられていたが、

時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために

仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。


これに因み、31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて

「ジャック・オー・ランタン(Jack-o'-lantern)」を作り、

魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては

「トリック・オア・トリート(Trick or treat. ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱える。


ジャック・オー・ランタン

ジャック・オー・ランタン、あるいは、ジャックランタン(英: Jack-o'-Lanternは

、「お化けカボチャ」「カボチャちょうちん」とも言えるもので、

オレンジ色のカボチャをくりぬき、ナイフで目、鼻、口をつけ、

内側に火のついたろうそくを立てるもので、

最もハロウィンらしいシンボルである。


ハロウィンを祝う家庭では、カボチャを刻んで怖い顔や滑稽な顔を作り、

悪い霊を怖がらせて追い払うため、ハロウィンの晩、

家の戸口の上り段に置く。

これは「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」を象徴したものである。



トリック・オア・トリート

英語圏では、子供たちが「Trick or Treat (トリック・オア・トリート)」 という

言葉(直訳では「いたずらか、お菓子か」で、聞いている側としては

「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ」という

ニュアンスに聞こえる言葉)を唱えながら家々を訪ね、

菓子を集めて回る習慣があるが、

これは古い英語で wassailing と呼ばれるクリスマスの時期の酒宴の習慣に似た、

ソウリング(souling)と呼ばれるヨーロッパの習慣から発展したらしい。



子供たちに訪問される側の大人たちは、

子供たちのためにあらかじめお菓子を大量に用意して待つ。

地域の大人たちと子供たちが交流できる機会になっている。




ハロウィンのかぼちゃ作り (1982年10月30日)



ハローウィーンのかぼちゃ1982.10.30.542









子供達は、10月30日にお友達の家でかぼちゃの

「ランタン作り」をするのだ。



31日はお菓子を一杯買い込んで、

子供たちが沢山来ても良い様に、ランタンにろうそくをともして、

玄関の入口に置いておくのだ。



夕方から夜にかけてぞろぞろとやって来る。

カゴに入れたお菓子を渡していくのだ。



我が子たちも沢山貰って来てとても嬉しそうに、

そのお菓子を数日かけて食べるのだ。



アメリカの行事は楽しいのだ。


ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 海外生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。