FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-04-07 (Tue)
1982年は映画「E.T.」が上映された。

公開前から評判が凄かった


ET.jpg
E.T.




子供たちが見たいと言うので、4人で観に行った。

映画館にはジュースとポップコーンが売られていて、

我々も買って入ったのだ。



映画が始まった。

私は画面を見ながら、日本で観るのと何か違う。

違和感を覚えていたのだ。




そうだった!!

ここはアメリカだ。日本語の字幕が無いのだ。

当然だった。



子供や夫は観客が笑う所で笑い、悲しい場面は悲しんで居た。

子供はもうすでに多少の英語は分かるみたいだった



私はと言うと、日本語に訳してから笑ったり、悲しんだりするので、

周りとは、ずれていたのだ


それでもとても感動的な映画だった



E.T

E.T.』(イーティー、E.T. The Extra-Terrestrial)は、

1982年公開のアメリカのSF映画。ならびに、同作品に登場する、

架空の地球外生命体(Extra=外の、

Terrestrial=地球の)の名称である。


製作会社はユニヴァーサル映画で,

監督・製作はスティーヴン・スピルバーグ


約1,000万ドルという予算で製作されたが、

公開と同時に、アメリカ国内だけでおよそ3億ドルという

当時の映画史上、最大の興行収入を記録する。


第40回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品




E.T.のモデル

地球に迷い込んだ地球外生命体という設定であるE.T.は

「甲羅のない亀のような姿」で、アルバート・アインシュタイン、

アーネスト・ヘミングウェイ、カール・サンドバーグらの晩年の写真に見られる

「落ち着きのない目」というコンセプトを元に製作された。


一説にはE.T.の姿は、ロックバンド『クイーン』のドラマー、

ロジャー・テイラーのファーストソロアルバムのジャケットが

ヒントになったとの説もある。



この映画で空を飛んだ自転車は、

大阪・今里にあるKUWAHARA BIKE WORKS(映画公開当時は桑原商会)という

会社の製品である。

自転車のカラーリングはデザイナーとスピルバーグにより

当時では珍しい白赤2色のグラデーション(レジェンドカラー)のデザインになった。

映画公開当時にはE.T.自転車として全世界で売れたヒット商品となり、

日本ではレプリカが39,800円。競技用が59,800円と

子供が乗るには高価な自転車だった。
(ウィキペディアより引用)




映画 「E.T.」 劇場予告



実は帰国後、「E.T.」がテレビで放映された時、

日本語字幕で観たのである。




ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : 海外生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する