123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-03-12 (Thu)
始めての飛行機なのでどんな風になるのか皆目見当が付かなかった。

18時30分ごろ 機内食が出てきたのだ。

子供達にはジュースが配られた。

食事が運ばれて来た。

途中で娘がジュースを白いブラウスにこぼしてしまった。

スチュワーデスさんがシミになるといけないので炭酸水を持ってきてくれ、

一所懸命拭いてくれていた。



一般には飛行機の座席は前方を向いているが、

ファミリーサービスでは子供達が不安がってはいけないと言う事で

ボックス席を作ってくれていたのだ。

私はその光景を見ながら、まるで井戸の中に吸い込まれていくように

眠ってしまった。

機内食が何であったかは全く覚えていない。



どの位寝たのだろうか?

時計を見ると、日本時間の23時過ぎであった。

ロスアンゼルス時間で3月3日の朝6時頃だった。



夜が明け始め、ゆっくりと明るくなり、太陽が見えてきた。

サンフランシスコの上空辺りではないだろうか。


やがて街並みが見えて来て9時50分にロスアンゼルス空港に到着した。


ロサンゼルス国際空港Los Angeles International Airport
現在のロスアンゼルス空港




やって来ました。ロスアンゼルス!!


ファミリーサービスだったので一番先に降ろして貰った。

そこまでは良かったが、乗る時に一番早く乗ったので荷物が出てくるのに

時間が掛かってしまった。


税関では夫の職業・お土産を持っているか?

どんな物を持っているか?など聞かれたが、無事通過できた。



スチュワーデスさんに言われた通りに道順をたどって行き、夫の待つ

待合所に到着した。



夫は満面の笑みで迎えてくれた。

課長さんの車で迎えに来てくれていたのだ。



ホッとしたと同時に少し心の余裕が出来た。

辺りを見回すと、我々みたいにきちっとした服装を

しているの人は殆んど居なかった。


ちなみに私は花柄のブラウスにスーツ。

靴はハイヒール。

娘は白いブラウスに赤のチェックのプリーツスカート・

グレーのブレザー・白のハイソックス。黒の皮靴。


JL711_599_small[1]
画像お借りしています


息子は白のシャツに紺の半ズボンにブレザー。

白のハイソックスに黒の皮靴。



大抵の人はTシャツ又はトレーナーにジーンズかそれに近い服装だった。

スニーカーと言う出で立ちでラフな格好だった。

余りにも我々の服装が浮いているのにカルチャーショックを覚えたのだった



わお~~~。

早速、TシャツとGパンを買いに行かなくっちゃ~~~。



ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 海外生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。