12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-02-26 (Thu)
昨日銀行のATMの前に立って

何時もの「入金」「支払」「振り込み」などの所を

押そうと思って手を伸ばした所、

まだ、何処も触って居ないのに

宝くじサービス」の画面が出てきたのだ。



え~~~?

宝くじなんて買うつもりなんかないのにどうして~~~?



消そうと思っても消えない。



暫く前に立っていたが、後ろの人に申し訳ないので、

思い切ってサービス係の方に手をあげて、助けを求めたのだ。



すみません。宝くじの画面が消えないのですが・・・・



すると係の方が、

お客さんのコートの袖口をめくって下さい。」と言うのです。

コートの袖口ですか?」と私。

「そうです。

コートの袖口が宝くじサービスのパネルに触って居るんです。


だから、消すことが出来ないんです。



一度手を下げてコートの袖口をめくって下さい。

はい。分かりました。」



袖口をめくって、最初からやり直すとスムースに行ったのだ



なぁ~~んだ。そんな事だったのか~~。



指先が乾燥して叩いても中々旨くいかない事は何度かあった。



しかし、コートの袖口は始めてだった



係の方がすぐに対応できると言う事は、すでに何人もの人が、

同じ経験をして居るのだな~~~。



銀行を出てから一人で苦笑いをしたと言う体験だった。



ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
* Category : ちょっとした話
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。