123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-02-23 (Mon)
会社に申請したよ」 と夫が帰宅して言った。

海外生活の事を色々聞いて来たそうだ。


ロスアンゼルスの子供の学校は2種類あるそうだ。

住む場所によって異なるが、

1つは現地の学校へ入れて、夕方から日本語の補習校に通う方法。

日常会話は全て英語だ。


もう一つは全日制の日本人学校に入れる方法。

日本の同じカリキュラムで進行するので帰国後が困らないらしい。

帰国した時の子供の学校は様子を見て、学力に応じて、市立校に入れる事も出来る。


どちらにしても住所が決まらない事には始まらないのだ。



生活面では、自動車の運転子供の学校の送り迎えに必要だ。


後は有る事ない事恐ろしい話を一杯聞かされたらしいのだ。

かなりびびって居たのだ。



2日後、本人のパスポートは会社から手続きをしに行ってきた。

ビザが下り次第、多分1カ月後に本人だけ先に出発し、

家を決めて運転免許を取得した後
で、家族を迎える事になると言う事だ。

3年の任期を2年に変更して貰った。



家族はお正月は実家で過ごし、年が明けて会社の人の出張に合わせて、

ロスアンゼルスに同行する流れとなったのだ。



大阪梅田に「海外子女教育振興財団関西分室」があるので、

ロスアンゼルスの学校の事・帰国後の日本の学校の対応などに付いて

聞きに行ったのだ。



持参する物で必需品が沢山ある。

転学手続・在学証明書・母子手帳(予防接種の記録)・戸籍謄本・

今使っている教科書・日本語の歴史の本・辞書(英和辞典・和英辞典)・

学用品(すぐに必要)など。


帰国後の娘の受け入れ校は2校ある。

息子の方も1校あるので心配ないと言う事だった。




合い間をぬって引っ越しの準備をしなくてはいけないのだ。

早速運送会社の人が荷物の量を下見に来たのだ。

国内の引っ越しに比べて格段複雑なのだ。


★手荷物として持って行く物

★別送品として船便で送る物

★家具・電気製品で会社の倉庫に預ける物

★和服・通帳・貴重品など実家に預ける物

★捨てても良い不用品

に分けなければならないのだ。



その間にも学校の校長先生や担任の先生との話し合い。

我々のパスポートの申請手続き。

自動車の国際免許証の申請手続き。

ロスアンゼルスに支店のある銀行のクレジットカード。

などなど。



この忙しさの中をどの様にして過していたのか・・・・・。

余りの忙しさに生きた心地がしなかった。

それでも頑張らなければ間に合わない。

今思うと良く頑張って居たと思う。






ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 気になる事
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。