FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-12-05 (Fri)
生後2週間を過ぎた頃から、

赤ちゃんの顎とかほっぺに赤いぶつぶつが出始めた。



母は 「赤ちゃんには良くあることだから、ガーゼで拭いてあげると

その内に治って来るから心配ないよ!」

と言ってくれた。

しかし、段々ひどくなりほっぺた全体、首の辺りまで広がって来た。



なんか変よ。段々ひどくなってきたよ~。」

私は段々心配になって来た。

母も「そうね。ちょっと赤ちゃんの湿疹にしては広がってきたわね~~。」

と心配になって来た見たいだった。

「今度、一カ月検診があるから聞いてみるね。」と・・。



このような感じで如何にも痛々しい
赤ちゃんの湿疹①
赤ちゃんの湿疹(画像お借りしました)




赤ちゃんの湿疹②
赤ちゃんの湿疹(画像おかりしました)



一カ月検診でお医者さんに聞いてみた。

先生も少し気になった様で、

皮膚科に連れて行った方がいいみたいですね。

カルテを回しておきましょう。」

と、言う事で皮膚科を受診した。



皮膚科の先生は私に、

服は綿素材を着せてますか?

と聞かれた。

「はい。綿の服ですけど・・・。」

「そうですか。 身の回りに綿以外の物を使って居ませんか?」

と聞かれた。



考えて見れば、ベビー用のお布団の淵にアクリル素材を使用していた。

お布団の淵が綿では無いですね。」

と言うと、先生は

「原因はそれかもしれないですよ。」

お布団も綿のカバーを掛けてあげて下さいね。

来月の検診の時に、また見せて下さい。」

と、おっしゃって診察は終わった。



帰宅後、その様に母に告げると、

早速、ガーゼを買って来て赤ちゃんの身の回りの、

顔の回りの肌に触る物全部に縫いつけてくれたのだ。



その後母は帰って行った。



赤ちゃんの身の周りにガーゼを巻く以外にも、

私の着る物も抱っこした時に頬が当たっても良い様に、

綿素材に変えたのだ。



それから、日に日に赤みが消え、

2週間もするとすっかりきれいになったのだ。



母は心配して、様子を聞くために何回か

電話をしてくれた。



良くなったことを伝えると、安心してくれたのだ。



そうなんだ。

この子は化学繊維に反応するんだわ!

気を付けてあげよう。




今、もしこのような事で病院を受診すると、

なんと言われるだろう。

アトピーですね。

お薬を出しておきましょう。」

と言われたかもしれないな!


アトピーと言う言葉がまだメジャーでない時代で良かった!!



ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : 健康について
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する