123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-12-04 (Thu)
結婚2年目の春、第一子誕生。

予定日より10日も遅く、

難産でやっと生まれてきた我が子は

色白で、しっかりした顔立ちだった。



無事に退院し、母の手助けにより、

すくすくと育って居た。



しかし、私はなんとなく体調が勝れなかった。

毎食後すぐにおなかの調子が悪くなり、

食べた栄養が出て行ってしまう。



これでは、赤ちゃんに栄養が行かなくなる恐れがある。

母に相談すると、

近くの医院で見て貰ったらどうかな?・・

と言う事で、近所の医院で診察して貰った。



2回目の診察で

腸結核の疑いがあるので

ストレプトマイシンを打ちましょう。


と言われ、その場で注射をされた。


注射が終わるとすぐに耳なりが始まった。


なんか変だと思いながら帰宅した。



母にその話をすると、

そのお医者さんはすぐに止めなさい

明日、出産した病院へ行って検査して貰いなさい。

赤ちゃんは見ていてあげるから・・・」



あくる日出産した病院は遠かったが、診察して貰った。



病院では「おそらく腸結核はあり得ないです

すぐに検査しましょう」と言って、

検査をして貰った。



結果は、出産時に浣腸をした事で、

腸壁に炎症が起きていた。



「お薬を出しておきますので、すぐ良くなると思います。」

と言う事だった。



もう少しで結核患者にされるところだった。

やれやれ、大事に至らなくて良かった。

母の忠告は正しかった




ストレプトマイシン

ストレプトマイシン (streptomycin) は抗生物質のひとつである。

結核の治療に用いられた最初の抗生物質である。

略して「ストマイ」ともいう。

他のアミノグリコシド系抗生物質と同様に第VIII脳神経

腎臓に対する毒性を持つので、副作用として

難聴腎障害等が現れる。

したがって投与に際しては聴覚機能、腎機能検査の併用が必要であり、

副作用の兆候が現れたら投与を中止すべきである。

かつては、ストレプトマイシンによる難聴は「ストマイ難聴」と呼ばれた。
(weblio辞書より)




私の医療ミスと言うか誤診は、盲腸を含め2回目である。

その後、難聴は次第に治まった。

これで、ますます医者嫌いになったのだ。



ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 医療ミス??
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。