123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-11-10 (Mon)
旅行4日目は二見ヶ浦に宿泊した。


5日目は朝の二見ヶ浦を散策した後、

伊勢神宮に向かった。



伊勢神宮


伊勢神宮には、太陽を神格化した天照座后大御人(天照大御神(あまてらすおおみかみ))

を祀る皇大神宮(こうだいじんぐう)と、

衣食住の守り神である豊受大御神(とようけおおみかみ)を祀る

豊受大神宮(とようけだいじんぐう)の二つの正宮(せいぐう)があり、

一般に皇大神宮は内宮(ないくう)

豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。


内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の

人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが

正しいとされている。




お伊勢さん」と親しく呼ばれ、

辞書などでは「伊勢神宮」と紹介されていますが、

単に「神宮」と言うのが正式な名称です。




この二つの大神宮の正宮(せいぐう)には、

別宮(べつぐう)、摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、

所管社(しょかんしゃ)が所属しており、合計125の社宮を

神宮」と総称する。




伊勢神宮は皇室の氏神である

天照座皇大御神を祀るため、

皇室・朝廷の権威との結びつきが強い。




皇大神宮(正宮)
皇大神宮(正宮)



皇大神宮 [ 内宮 ]
皇大神宮 [ 内宮 ]



豊受大神宮 [ 外宮 ]
豊受大神宮 [ 外宮 ]



内宮(皇大神宮)
内宮(皇大神宮)




伊勢神宮(内宮)
伊勢神宮(内宮)




伊勢神宮(1967年)




伊勢神宮(1967年)


この日は真夏の様な暑い日であったと思う。




明日に続く


ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 新婚旅行
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。