12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-10-28 (Tue)
 「小学校で味覚の授業」の続き

どうしたら正しい味覚が育つのか?

味覚の授業ではいろいろな食材が入った料理をフランス料理シェフが実際に作り、様々な味覚を楽しんだ。

玉ねぎやにんじんの野菜で「甘味」
味覚の授業15

ベーコンで「塩味」
味覚の授業16



トマトで「酸味」
味覚の授業14


それらを煮て「うまみ」


そうした味がたっぷり詰まった「野菜スープ」が出来上がった。
味覚の授業13


早速、試食する。


子供達は
  ★ 野菜の甘味が凄く美味しかった。

味覚の授業8
★ 普段はバクバク食べているけど味わって食べるとより美味しく感じる。


フランス料理シェフの三国清三さんは

「5年・6年生までに味覚をきちんとキャッチさせてあげる。」
味覚の授業7



きちんと子供達に食べさせてあげれば、エネルギーを蓄えているし、勉強にも集中できる」
味覚の授業6

とおっしゃっている。



感覚を研ぎ澄ませる事により、味わう事の大切さ食べる事の楽しみを実感するための基礎を作る。
シェフ、パティシエや生産者が子供達とコミュニケーションをとりながら、料理に対する自身の思いや
意識して食べる事の大切さ、食の携わる仕事などについて自らの言葉で語りかける。
また、子供達同士で感想を述べ合うなど、食べる楽しみを広げるに欠かせない表現力を養う



味覚の授業」で得られる事は
味覚の授業」を通じ、子供達は五感を使って5つの味を学び、味わうことの楽しさ奥深さ体験する。
また・味の違い食材の違い食材の特徴などを認識し、味わった感想を自らの言葉で伝える事により、子供達は表現力も養う事が出来る。

味覚の授業」は、子供達が「味覚」と向き合う機会であり、また味わう楽しみから文化の一端である「」への関心を高めるきっかけでもある。
食文化の担い手である子どもたちが 「」への正しい理解と高い関心を育むことは、日本の文化のさらなる発展良質な作物の生産の一助となる。

と主催者は述べている。

ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
* Category : 気になる事
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。