FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-09-24 (Wed)
1965年(昭和40年)の">ファッションはと言うとアイビールックが流行った。

アイビールックとは

アメリカ東部の8大学に寄り結成されたフットボール連盟が有り、

その彼ら着ていたファッションだ。

連盟となって居る各校にはレンガ造りの校舎に生い茂る蔦(アイビー)

シンボルとなって居たことからアイビールックと呼ばれた。

彼らのずん胴型シルエット3ボタン(上2個掛ける)と言う細長いストレートなライン

アイビーシャツとも呼ばれるほどの定番、ボタンダウンシャツを着ると言うファッションが

流行
となった。


アイビールック(1965年)
1965年に流行したアイビールック


ボタンダウンシャツ

シャツカラーの襟先を、身頃にボタンで止めるシャツの事。

VANジャケット社が仕掛けたアイビーのブームによって、私服らしい私服の無かった

当時の若者に爆発的に広まった

アメリカでは一つのスタイルが確立した。

後年、その人気はアメリカからヨーロッパ日本の学生に迄広がり、現在では立派に

ドレスシャツとして役割を果たすようになった。

色・素材・柄により守備範囲は実に広い。

アメリカでは上流階級のイメージだったが、日本では当時は不良と言うイメージだった。

ボタンダウンシャツ( 1965年)
ボタンダウンシャツ


コイン・ローファー

ローファーは1934年、アメリカ・メイン州の靴屋ジョン・R・バス(John R Bass)が

製造を開始し、「ウイージャンズ(Weejuns)(ノーウエイジャンズ=ノルウエー人からとった)」

と名付け、大流行した。

その後、アメリカに渡りローファー(のらくら者)と呼ばれる様になるが、運動性に優れている

ことからカジュアルな服装に使われる事が多い。

1960年代にサドル部分に1セントコインを挟むのが流行し、そこからコイン・ローファーと言う

愛称
で親しまれる様になった。

日本の学校では指定になっている事があり、特に女子高に多い。

最近の高校生は男女問わずファッションとして、公立高校など指定がない学校でも

履く生徒が多い。


コイン・ローファー(1965年)
コイン・ローファー(1965年)


ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチっとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : 青春期
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

NoTitle * by 山猫
懐かしい時代です

顔や性格よりアイビールックが似合う人がモテました


Re: NoTitle * by アカタイル
> 懐かしい時代です
>
> 顔や性格よりアイビールックが似合う人がモテました


コメント有難うございます。
男性(若者)がおしゃれになりましたよね。


コメント







管理者にだけ表示を許可する