FC2ブログ
1234567891011121314151617181920212223242526272829
個別記事の管理2016-02-27 (Sat)
シンガポールのオーチャード通りから一歩入った裏通りで、都会の喧騒を忘れさせてくれる

落ち着いた雰囲気のエリアがある。

プラナカン様式の建物がが立ち並んでいる場所なのだ。


プラナカン建築

15世紀後半からマレーシアやシンガポールにやってきた、中国系移移民の

子孫のことを「プラナカン」と呼ぶ。

彼らは現地の女性と結婚し、元来の中国の文化にマレーの文化とヨーロッパの文化を

ミックスさせた、独自の生活スタイルを築きあげた。

プラナカンの建築物は、一階が店舗や事務所、二階が住居になっていて、

「ショップハウス」と呼ばれている。

(純粋に住居としているものは「テラスハウス」とも呼ばれる)。

外壁は明るいパステルカラーで、間口が狭くて奥行きの深い造りが特徴。

数件が繋がった状態で建てられ、玄関前の通路はアーケード状になっている。

ネオ・ゴシック様式やバロック様式などの西洋のスタイルが取り込まれた建物は、

よろい窓や瀟洒なレリーフで彩られており、たいへん華やかで写真映えのする建築群だ。

オーチャード・ロードのショッピングの合間に、気軽に見られる。

まるで宝石箱のような、プラナカン様式の建築群。


ヒンズー寺院も華やかで良いが、このプラナカン建築も一見の価値がある建築物だと思う。



シンガポール 1994年5 (エメラルドヒルのブラナカン様式の建築群 ⑪-2222 (2)
1994年 エメラルド・ヒルのプラナカン様式の建築群



シンガポール 1994年5 月6(3日目)エメラルド・ヒルのブラナカン様式の建築群 225 (2)-1
1994年 エメラルド・ヒルのプラナカン様式の建築群



プラナカン建築(エメラルド・ヒル)
プラナカン建築(エメラルド・ヒル) (画像お借りしました)



シンガポール・プラナカン建築(ニールロード)
プラナカン建築(ニールロード)  (画像お借りしました)



ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : 海外生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |