FC2ブログ
個別記事の管理2015-07-15 (Wed)
突然の夫の韓国転勤だったので、韓国の予備知識が全くなかった。

アルバムの中から1987年8月に撮った写真があったので、

数枚取り出して場所が何処なのか調べて見た。



1987年当時は今の様な韓国ドラマが見られる状況では無かったと思う。



韓国・ソウル④(1987年5月韓国民俗村正門
韓国民俗村・大観門{1987年8月)




韓国・ソウル⑤(1987年8月)-1
韓国民俗村・龍駒衛門{1987年8月)




韓国・ソウル①(
韓国民俗村(1987年8月)




韓国・ソウル②(1987.5)
韓国民俗村(1987年8月)



韓国・ソウル⑤-1
韓国民俗村(1987年8月)




韓国民俗村

ソウルのお隣、京畿道(キョンギド)・龍仁(ヨンイン)市にある。

朝鮮半島に古くから息づく生活様式や伝統文化を見学・体験できる野外博物館。

陶磁器や韓紙(ハンジ)といった工芸品の制作過程を再現している工房や、

民俗博物館、伝統遊び体験コーナーなど

韓国の生活文化に触れられる施設がたくさんある。

約20万坪の広大な敷地内には、各地方の特色が現れた

270棟の伝統家屋が展示されている。


韓国民俗村は韓国歴史ドラマや数々の映画の

撮影地としても知られている。

時代劇ドラマ「チャングムの誓い」や「太陽を抱く月」など。



大観門は民俗村の正門。

龍駒衛門は、「ファンジニ」のジニの教坊に使われていたそうだ。


民俗村内には撮影場所を示す標示があり、等身大パネルが立つ

フォトゾーンは記念撮影にもぴったり。



民族村内の公演場では、伝統打楽器で演奏される農楽(ノンアッ)や

迫力ある馬上武芸など様々な伝統公演も毎日行なわれている。



のどかな農村の風景が再現され、昔の韓国にタイムスリップしたような

気分に浸れる韓国民俗村。




当時はそんな施設があるとは全く知らなかった。

2年間の滞在になるのでその内に行けばよいと思って居たのだ。



夫は1年間で3回もこの民俗村を訪れている。

よほど気に入ったのだろうか?




ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : 海外生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |