FC2ブログ
個別記事の管理2014-10-11 (Sat)
ボウリングに行った次の日は、やはりダブルデートで浜離宮恩賜庭園へ行ったのだ。

浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園は東京湾から海水を取り入れ潮の干満景色の変化を楽しむ、

潮入の回遊式築山泉水庭

1654年(承応3年)に甲府藩主徳川綱重がこの地を拝領し、海を埋め立てて別邸を建て

庭園を造成された。

園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑、牡丹園等を有する。

特に徳川家斉と家慶の頃は、将軍の鷹狩りの場であった。

慶応2年に着工した石造洋館が、明治2年に外国人接待所「延遼館」として竣工した。

延遼館は、明治維新後鹿鳴館が完成するまでは迎賓館として使用された。

明治3年に宮内省の管轄となり名前も離宮と改められた。

明治天皇も度々訪れる様になった。

その後東京都に下賜され都立公園として開園した。(ウィキペディアより)



浜離宮恩賜庭園(1966年)


浜離宮恩賜庭園(1966年)


浜離宮恩賜庭園(1966年)


浜離宮庭園内 潮入の池 その6
浜離宮恩賜庭園(現在)



浜離宮 (2)
浜離宮恩賜庭園(現在)



浜離宮②
浜離宮恩賜庭園(現在)



浜離宮恩賜庭園の桜・見頃が遅めのヤエザクラ
浜離宮おんし庭園の桜・見頃が遅めの八重桜


ここは静かで景色も美しくとっても良かったと思う。


ご訪問有難う御座います。
お帰りにポチッとお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



* Category : 青春期
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |